反対側をセフレは宮城で見たいとします

たとえば、セフレ170 cmの人と高さ150 cmの人が2 mの壁の反対側を見たいとします。

このとき、2人に30 cmのベースを与えることは「等しい」、30 cmと50 cmのベースをそれぞれ与えることは「フェア」です。

平等は「セフレ」を等しくし、公平性は「結果」を等しくします。

両方に50 cmのベースを与える必要がありますか?
その考え方はとてもいいと思います。

ただ、セフレを簡単にパスできる人は少なく、「パスの結果」を考えるとそうなると思います。

基本的なメタファーはよく知られた例ですが、私はそれがターゲットだと思います。

人を尊重する場合、「公平」ではなく「公平」が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です