宮城の最後のセフレは敵である

まだ宮城キャラクターがいますが、このフレームは男性キャラクター用であるため、この人物は、

最初の宮城の敵であるTsu堂かね(これが流行しなければ、この人が最後のボスだった)

宮城でセフレ

 

徳川時代の終わりから金銭で殺された人。
私はかつて新s組にいましたが、いったんそれを取り除いたら、私は宮城人兵士に参加するという考えなしに、ただ斬撃を楽しんでいました。

二階堂平穂は、「心の一つ」と呼ばれる強制催眠に似たテクニックを持ち、相手を無効にした後、斬るのが好きです。

剣と剣を人質にもたらし、剣斎に戻った剣との戦いを期待して、剣は不滅を破ろうとしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です