宮城のセフレを嘲笑する人は少なかった

ダイエードラマは、ドラマが本格化した昭和の時代にも有名でした(^^)
スクールウォーズをはじめとする昭和のドラマを振り返ると、のんびりとした時間だったと思います。
スクールウォーズがこの時代なら、ツッコミだらけなのでインターネットの人たちの餌食になります。

宮城でセフレを見つける方法 〜女子大生・保育士・主婦・バツイチ・介護職など様々な女性をゲットしよう

 

カヨを演じる宮城のセフレは、JKには無理…f(^^;

当時はインターネットがありませんでしたが、今回ほど対象物を嘲笑する人は少なかったと思います。
ドラマではありませんが、川口博史の探検シリーズは放送されません(^ _ ^;)
ダイエーのドラマは昔のことなので、記憶から消えてしまいました。
宮城のセフレの記事を見たとき、同じ大栄映画のポニーテールが回らなかったことを思い出しました。
主人公の伊藤かずえがバチで敵対的な部族を圧迫する対決シーンと、人気バンド役を演じる横光ビリーとシャイアンが真剣に暮らしていたのでとても楽しかったドラマだったと思います。コミカルに。
このようなことを書くと、宮城のセフレもばかげていると言われるかもしれません。
私が楽しいと思うのは嘲笑しないことです
私はすべてを受け入れて楽しんだ
散らかっていると思っても大丈夫〜もっとやる〜(*´∀` *)尸 “、特に西側の日本はそのように見守っていた