阿蘇info | 阿蘇地域観光推進協議会 OFFICIAL SITE
阿蘇infoについて
阿蘇地域の行政・観光協会で組織している阿蘇地域観光推進協議会のHPです。
観光情報やイベントのお知らせ等を掲載します。バナー画像は阿蘇市狩尾の通称「ラピュタの道」です。




阿蘇中岳火口へのアクセスについてこちら


テレビ放送一覧についてこちら


イベントカレンダーはこちら

記事一覧はこちら
阿蘇のお天気

阿蘇地域へのアクセス情報(8月24日更新)

 このたび、平成28年熊本地震で被災された皆様には、心からお見舞いを申し上げます。

 阿蘇地域では、多くの方々が被災されましたが、被害が少なかった宿泊施設や観光施設では、震災前と変わりなく営業をされているところもたくさんあります。

 阿蘇地域観光推進協議会では、観光地「阿蘇」の復興に向け、様々な情報を発信してまいります。

◆交通アクセスについて

 現在、JR豊肥本線や国道57号等が一部不通となり、阿蘇地域へのアクセスが分かりにくくなっているところがありますので、ご紹介します。

 ●道路情報 

  〇道路交通情報NOW!! (日本道路交通情報センター)

   http://www.jartic.or.jp/

   ※「道路交通情報NOW!!」トップページ⇒「熊本」をクリック⇒「熊本市・阿蘇方面」をクリック  

   ※「道路交通情報NOW!!」トップページ⇒お知らせ⇒H28熊本地震 関連情報⇒九州通れるマップ

  〇阿蘇地域へのアクセスルート

   ・九州地方整備局HPに阿蘇地域へのアクセスルートマップが掲載されていますので、ご参照ください。

   ※今後、通行止め区間の解除等があれば、随時反映されます。

     http://www.qsr.mlit.go.jp/bousai_joho/tecforce/pdf/asoaccess

   ・熊本県道路保全課の「阿蘇地域へのアクセスマップ」もご参照ください。

    仮設トイレ設置位置や仮復旧予定時期の情報も掲載されています。

    ※通行規制箇所や区間について変更があれば、随時更新されます。

    http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=9&id=181&set_doc=1

   ・管内各市町村でもそれぞれ情報を出しているところがありますので、ご参照ください。

    →阿蘇市HP南小国町HP小国町HP産山村HP高森町HP南阿蘇村HP西原村HP

 

◆公共交通機関について

 ●阿蘇地域と阿蘇地域外を結ぶ公共交通機関

  〇JR

   7月9日より、豊肥本線の阿蘇駅から豊後荻駅間で運転が再開されました。

  〇JR(代替運行)

   ・(肥後大津駅~宮地駅)主に地元の通学利用の方々を対象としたバスを運行しています。

    詳細は、「JR九州熊本支社HP」をご参照ください。

    (更新情報 2016年7月22日 「夏休み期間における豊肥本線一部区間(肥後大津駅~宮地駅)バス輸送について」)

     https://www.jrkyushu.co.jp/kumamoto/

  〇高速バス、特急・快速バス、九州横断バス

   ・高速バス(福岡~黒川)、特急やまびこ号(大分~熊本)、快速たかもり号(熊本~高森)、九州横断バス(別府~熊本)については、

    特別ダイヤ、迂回運行となっています。

     詳細は、「産交バスポータルサイト 運行状況」をご参照ください。

      http://www.kyusanko.co.jp/sankobus/unko_jokyo/

 ●阿蘇地域内の公共交通機関

  〇南阿蘇鉄道

   7月31日から中松駅~高森駅間の部分運転が再開され、トロッコ列車も運行しています。

   詳細は、「南阿蘇鉄道HP」をご参照ください。

   http://www.mt-torokko.com/index.html

     

「にしはらむらフォトコンテスト」開催!!

阿蘇地域観光推進協議会から

フォトコンテストのお知らせです!

西原村では現在、「にしはらむらフォトコンテスト」が開催されています!

【テーマ】

 風景、人物、イベント、地域資源など西原村の魅力を表現したもの

【募集期間】

 平成28 年1 月12 日から平成28 年2 月19 日まで(当日消印有効)

【応募・問い合わせ】

 〒861-2492

 熊本県阿蘇郡西原村大字小森3259番地

 西原村役場企画商工課フォトコンテスト係

 ℡:096-279-3111

 詳しくは、以下のチラシをご参照ください。

Photo_5

Photo_6  皆様の応募をお待ちしています。

阿蘇中岳の噴火警戒レベルが下がりました!

阿蘇中岳第一火口の噴火警戒レベルが、平成27年11月24日(火)に

 

               「レベル2」

 

に引き下げられました。(これまでは「レベル3」)

 

これにより、阿蘇中岳第一火口周辺約1kmの範囲を除いて

立入規制が緩和されましたのでお知らせします。

 

なお、立ち入り規制について詳しくは、以下のマップをご参照ください。

2_1127_2.pdfをダウンロード

 

SKE48からの初ユニット「ラブ・クレッシェンド」MV撮影!!

 どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です <(_ _)>

 

 しばらくこのブログも放置していたところ、

 阿蘇もすっかり秋らしくなり、

 もう十分紅葉が楽しめる時期となりました。

 

 さて、今回の話題は、いつもとはかなり違います!

 

 タイトルにもあるとおり、SKE48から初のユニットである

 

     「ラブ・クレッシェンド」

 

 の1stユニットシングル

 

     「コップの中の木漏れ日」

    

 のMV撮影が、10月15日(木)~16日(金)の2日間にかけて

 

     「オール阿蘇ロケ」

 

 で敢行されました。

 

 そのMVのspecial edit verが公開されています。

 

   【special edit ver】

    https://www.youtube.com/user/SKE48

 

    江籠裕奈さん、小畑優奈さん、北川綾巴さん、熊崎晴香さん、

    後藤楽々さん、菅原茉椰さん、松井珠理奈さん

 

 の7名のメンバーが

 

               「森の妖精」

 

 に扮して、素敵なパフォーマンスを演じています。

 

 実はロケの2日間、ずっとこのロケに同行していました。

 (ファンの皆さま、すみません。。。 役得です(^_^)/ )

 

 

  ロケ地情報についても既に公開されているようで、

 

 ・のシーン (熊本県阿蘇郡小国町・鍋ヶ滝

 ・草原のシーン(熊本県阿蘇市草千里 他)

 ・のシーン (熊本県阿蘇郡南小国町・清流 ← ネット初情報!)

 

 等なのですが、

 

 「ラブ・クレッシェンド」メンバーの可愛らしい姿と、

 阿蘇の凛として雄大な大自然が見事に調和し、

 素晴らしいMVとなっています。

 

 ロケ地について、詳しい情報等が知りたい方は、

 このブログにコメを入れていただければご回答しますよ。

 

 また、「ロケ地に行ってみたい」等のご要望があれば、

 ある程度の人数がまとまれば、

 (4~5人程度以上の団体であれば受け付けます)、 

 ロケ地にご案内することも可能です。 

 同じく、このブログにコメ入れてくださいね。

 

 ただし、今年いっぱいまでの受付とさせていただきます。

 

 

 それでは今日はこの辺で。。。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

杖立温泉「みちくさ市」のお知らせ(小国町)

どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

最近、かなり頻繁にこのブログを更新していますが、

別に暇だからというわけではないです。(-。-)y-゜゜゜

当然、急に仕事に熱心になったわけでもありません。

 

 

なるぐーぜんです。(^O^)/

 

 

ただ、阿蘇地域の市町村さんからのご依頼ですので、

あまりふざけた内容にできないことに異常にストレスを感じます(爆)

 

以前は、(言い方によっては)かなり柔らかい内容だったのですが、

興味のある方は(いる?)過去記事をご参照ください。

 

さて、本日は、杖立温泉「みちくさ市」(小国町)のお知らせです。

 

杖立温泉では、毎月第一日曜日に小国郷自慢の物産などを集めた 

 

            朝市『みちくさ市』

 

を開催しています。

 

来月は、10月4日(日)の開催ですね。

開催時間等詳しくは ↓ を参照ください。

(写真をクリックすると大きく表示されます。)

Photo 

この朝市の目玉は何といっても

 

            杖立ほっこり朝定食

 

A定食、B定食の2種類あって、どちらかを選べます。

30食限定ですので、食べたい方はお早めに!!

 

料金は朝風呂券付きでたったの1,000円!! 

予約していった方がいいみたいです。

 

ご予約は・・・

杖立温泉観光協会

℡:0967-48-0206 です。

 

また、朝市自体は当日の朝7時から10時までの開催だそーですよ。

 

杖立温泉というと、GWの鯉のぼりが有名ですが、

朝市もやっているんですね。

 

興味のある方は、ぜひお越しください。

 

それでは本日はこれまで。。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

白糸の滝 収穫祭を開催します!(西原村)

 西原村の滝交流農園において「白糸の滝 収穫祭」が開催されます!!

 当日は稲刈り、からいも掘り等の体験メニューや、バーベキュー昼食会もありますので、ご家族等で参加されてみてはいかがでしょう。

 なお、田んぼでの作業ですので、汚れても良い服装でお越しください。

 また、先着80名ですので、参加の申し込みはお急ぎください!

 

 日 時:平成27年10月18日(日) 9時30分集合(小雨決行)

 場 所:滝交流農園

 参加費:小学生以上1,500円

 参加申込み:西原村役場企画商工課

          電話:096-279-3111

         ※10月14日(水)午後5時までにお申し込みください。

 会場等詳しくは ↓ のチラシを参照願います。

Photo

 

くまモンと一緒に阿蘇の火山を学ぼう!

阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

阿蘇中岳が9月14日(月)に噴火して以来、マスコミ報道にもあるように、阿蘇地域における宿泊予約のキャンセル等が相次いでいる状況です。

ですが、このブログでも何度も取り扱っているように、規制区域以外は普段と変わらない「阿蘇」なんです。

阿蘇地域のほとんどの観光地は「元気」なんですよ!(← ココ重要!

 

 ・・・と言うわけで、

 

かなり突然ですが、今回は「くまモン」の力を借りて、阿蘇の風評被害を

 

                        吹き飛ばしたい  

 

思います。

 

 題して、

 

 「くまモンと一緒に阿蘇の火山を学ぼう!」 

 

 阿蘇火山博物館さんの共催で、この機会に阿蘇という火山を学んじゃおうというイベントです。(参加者の参加費は無料です!)

 

 では、イベント概要について御案内しますね。

 

〇日時:平成27年9月19日(土)午前9時から午前10時

 

〇場所:・阿蘇火山博物館(阿蘇市赤水1930-1)

      電話0967-34-2111

     ・草千里ヶ浜

 

〇イベント内容

 火山の成り立ちや噴火の歴史のほか、今回の噴火等について、阿蘇火山博物館学芸員さんを講師として、くまモンと一緒に学習します。

 

〇その他:

     ・抽選券を午前8時30分から配布します。

     ・定員は30人~40人です。

 

 かなり急な御案内ですが、活火山の活動を目の前にして火山について学ぶ機会はなかなかありません。当日はくまモンの他、あか牛くん(阿蘇市)、かなばあちゃん(南阿蘇村)も応援に来ますよ。

 ご家族連れでも、お一人様でももちろん結構です。是非ご参加ください!

 

 ちなみに、このイベントとは別に、シルバーウィーク期間中(9月20日(日)~23日(水))は、有料ではありますが、毎日、同様の学習会が開催されます。午前11時開始で、この期間はくまモンは参加できませんが、19日に阿蘇に来れない方も是非ご利用ください。

  

 では、今回はこれまで。。。

 本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

阿蘇中岳第一火口の噴火について

こんにちは。阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

みなさんマスコミ報道等でご存じのとおり、

平成27年9月14日(月)に、阿蘇中岳第一火口が噴火しました。

 

これを受け、噴火警戒レベルも「レベル3」に引き上げられました。

この噴火「警戒レベル」について詳しくは ↓ を参照ください。

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/level_toha/level_toha.htm

 

また、熊本県観光サイト「なごみ紀行」にも詳しい情報が載っています。

こちら ↓ をクリックしてください。

http://kumanago.jp/whatsnew/?ode=detail&id=363

規制されている場所やそうでない場所は、ここでチェック!! 

 

ちなみに、9月15日現在の状況でも「草千里」までは行けます!

こんな ↓ 状況でした(以下、写真は9月15日13時頃撮影)

Photo 
写真左側が阿蘇火山博物館。右側の噴煙が阿蘇中岳です。

草千里の火山博物館前の駐車場の状況が ↓ です

Photo_3 
ご覧のとおり、結構、車で観光客のみなさんがいらっしゃってました.

草千里の馬も、のんびりしてますよ。

Photo_4

馬に乗ってお散歩中です。

後ろに噴煙が見えていますが、問題なさそうですね (^o^)

Photo 
放牧されている牛もいつもと変わりません。 

Photo_6

ひとくくりに「阿蘇」と言っても、そのほとんどが規制区域外にあります。

立入規制のかかっていない場所は、普段の「阿蘇」と変わっていないんです。

 

「観光地・阿蘇は元気です・ぜひ阿蘇にお越しください」

 

それでは、今日はこれまで。。。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブルーサークルメニュー試食会開催!

 こんにちは。阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

 いつものことながら、長らく更新を怠っておりました<(_ _)>

 

 今日は、いつもとは毛並みの違った食に関する阿蘇情報をひとつご紹介します!

 

 みなさんは、「ブルーサークルメニュー」って聞いたことありますか?

 

 無かった人、手を挙げて!

     ハイ! (^_^)/ (by O田)

 

 ブルーサークルメニューとは、熊本県内の飲食店・弁当店・総菜店等が考案したオリジナル外食メニューで、総エネルギー量が600 kcal未満、塩分が3 g以下のランチメニュー、もしくはコースメニューのことだそうです。

 熊本オリジナルのメニューなんですねぇ。。。

 

 じゃあ、何のためのメニューなのでしょうか?

 ヘルシーな感じのメニューみたいですが・・・?

     ・・・ダイエット?

     ・・・だったら、くまモンに食べさせたら痩せる?

 ではないみたいですよ。

 

 糖尿病や高血圧など、食事に気を付けなければならない方でも、もちろん、健常者の方にとっても、おいしくてカロリーの気にならない、しかも、食べると健康増進が期待できる外食メニューを指すようです。

 

 詳しくは、 ↓ のURLをクリックしてくださいね。

 http://kumamoto-dmstaff.org/bcm/index0.html

 

 このような「ブルーサークルメニュー」を提供する店舗は熊本県内に72店舗、メニューにして116メニューがあるそうです。(平成27年9月3日現在)

 

 この「ブルーサークルメニュー」ですが、平成27年9月1日に、阿蘇郡小国町の杖立温泉の「よろづや旅館」さんで試食会が開催され、小国町北里町長をはじめ、糖尿病患者友の会、食生活改善推進員協議会、杖立温泉観光協会、県栄養士会、熊日小国支局、小国ケーブルテレビ、県阿蘇地域振興局等関係団体等から多数の参加がありました。

 

 こちらが「よろづや旅館」さんです。

Photo

そして、これが「ブルーサークルメニュー『温泉♨健康御膳』」

Photo_3 

Photo_4 
Photo_6 
糖尿病患者友の会の方も参加された試食会の様子

Photo_7

 

参加された方々のご意見としては、

 

 ・楽しみにして来た。歯ごたえがある食材を工夫してあり、しっかり噛むことで量が少なくても満腹感が得られた。肉が食べられてうれしかった。

 ・ とっても美味だった。家族向けの料理講習会があればありがたい。

 ・ 器の使い方や盛付方が大変すばらしい。野菜もたっぷり使ってある。

 ・ 小国の食材をタップリ使ってあり、大変美味しくいただいた。

 ・ 美味しかった。質素で薄味なメニューかな~と思ってきたが、とっても 満足感が得られた。

 

 など、大変好評でした。

 

 糖尿病等により食事の制限等がある方も、またそうでない方にとっても、ヘルシーで、しかも美味しい食事が堪能できることは素晴らしいことです。

 

 また、地元の食材を使った美味しい料理を楽しむことは旅の醍醐味の一つでもありますし、 これで、「阿蘇の食」の選択肢が増えたことにもなりました。

 

 さらに、南小国町・黒川温泉の旅館でも、同じ取組みを行う予定とも聞いていますので、このような取組みが、もっと広く展開されるとイイですよね!

 

 さて、阿蘇では、この「旅館よろづや」さんを含め、以下の6店舗7メニューのブルーサークルメニュー」が楽しめます。

 

 詳しくは、↓ のチラシをご参照ください。

201509031124_0001

 

 それでは、本日はこの辺で。。。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

「白糸の滝 そうめん流しとブルーベリー狩り」(西原村)

 阿蘇地域観光推進協議会からイベント情報です!

 

 阿蘇郡西原村・白糸の滝で毎年3回行われる恒例イベントの第2弾!

 

 「白糸の滝 そうめん流しとブルーベリー狩り」

の開催です!!

 

 その内容は・・・。

 

 

 『ブルーベリー狩り』

  西原村の高地(標高約550M)で栽培された、甘酸っぱく

 ビタミンが豊富なブルーベリーを、収穫して頂きます。

 

 『そうめん流し』

  ブルーベリー狩りを体験した後は、割り竹を用いた

 「そうめん流し」を体験して頂き、また、地元滝地区の

 方々と交流を深めて頂きます。

 

 参加にはお申込みが必要(先着順)となっておりますので、

お早めにお願いします。

 

 イベントチラシについては、こちら

H27_ 

●日時:平成27年8月2日(日)午前9:00より受付

     午前9:30開会、午後2時閉会予定

 

 

●場所:滝交流農園(駐車場有 60台)

 

 

●参加費:「ブルーベリー狩り:500円」、「そうめん流し:700円」

       ただし、小学生未満100円

 

●申込方法

  7月29日(水)午後5時までに、西原村役場企画商工課

 まで、電話またはファックスでお申し込みください。

 

  場所の関係上、先着80名とさせていただきます。

 

●お申込み・お問い合わせ先

  西原村役場 企画商工課

   TEL:096-279-3111 FAX:096-279-3506

 

(主催)西原村滝地区

(共催)西原村役場

すずらん開花間近!(阿蘇市)

またまた、ご無沙汰をしております。

阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

今回は、阿蘇市のすずらん自生地をご紹介させていただきます。

場所は、国道57号を阿蘇方面に走っていただいて、

宮地駅を通過し、滝室坂を登った先にあります。

くわしくは ↓ を参照願います。

http://www.asocity-kanko.jp/topics/1004_flower/#07

 

私が行ったのは5月8日(金)

まだ早かったようですが、5月中旬からが見ごろということで、

5月23日(土)には、「すずらん祭」も開催されるとのことです。

 

なかなか、すずらんの自生している所は見る機会がありませんし、

駐車場・トイレも完備されていますので、

安心して行けると思いますよ。

 

ちなみに、5月8日現在のすずらんの状況は、

Cimg1524 

Cimg1526 

Cimg1528_2

といった感じです。

来週末あたりから見ごろかと思われますので、

是非おでかけください。

 

ちなみに、全景はこんな感じです。

Cimg1530

国道57号からは立て看板が配置されていますので、

迷うことはないと思います。

 

では、今日は短いですが、この辺で・・・。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ASOうぶやまのお店 オープン!!

【センタープラザの歌】

最後の~っ バスぅ~ わぁ~

もぉーすぐ出ぇ~るぅ~のぉ~~にぃ~~~~っ

いっつっまでもぉ~~~ いつまぁ~~でぇ~~え~も~~~っ

センタープぅ~ラぁ~~っあぁ~~っザぁ~~~~っ ♪

 

 って。。。

 

 ご無沙汰しています。阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 またまた、長らくブログ更新していませんでした。

 全国のO田ファンの方々、申し訳ありません(汗)

 

 さて。。。

 残念ながら、今は無くなってしまったセンタープラザ地下街のこの歌は、

某民放番組でも取り上げられたため、全国的に知れ渡りましたね。

 

 でも、この歌。。。

 

 私が子供の頃に聞いていて、

 

「バスが無くなって、この人、タクシーで帰らすとだろか?」

「そんな遅くまで、店閉まっとるのに、この人、何しよっとかね?」

 

 と、あまりに素朴な疑問を抱いていたことは、内緒にしておいてください。(爆)

 

 で、なぜ、この「センタープラザの歌」を取り上げたかというと。。。

(ここからが本題です)

標題にもあります産山村のアンテナショップ「ASOうぶやまのお店」も、

この地下街にあったんですね。

 

地下街が閉店になったことを受け、当然、このアンテナショップも従来の場所では営業できなくなったんですが。。。

 

無くなったわけではありません!!(←ココ テストに出ます!!)

 

ちゃんと移転して元気に営業中です!!

それが、ココ ↓

Photo_2

 場所は、熊本市中央区琴平です。

上のチラシの地図を参照願います。

 

 産山村の野菜乳製品加工品等、本来ならば産山村に行かないと買えないものばかりが盛りだくさんに用意されているようです。

 

 お近くの方も、そうでない方も、

 安全・安心な産山村の特産品等を、是非ご覧の上、ご購入ください!

 

 まだまだ肌寒さの残る阿蘇ですが、

 これからが行楽シーズン本番です。

 

 産山村のアンテナショップ「ASOうぶやまのお店」で商品をご購入された方々は(他の方も含め)、今度は是非、産山村までお越しください。

 

 産山村の素晴らしい自然景観や観光地(池山水源・山吹水源、

 花の温泉館、御湯船温泉館、ヒゴタイ公園、うぶやま牧場 等々・・・)

で、阿蘇のを満喫していただけると幸いです。

 

 では、本日はここまで。

 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

阿蘇中岳第一火口の立入規制マップ

どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

今日も元気に阿蘇中岳第一火口は噴煙を上げていますよ。

 

 

「元気な活火山を見るには、今がちょうどよろしいのでは・・・?」

 

 

等と言うと、

 

 

「もし噴火して人的被害があったらどうするんだ!!」

 

 

とお叱りを受けそうですね ^^;

 

ですが、以前の回にも掲載しましたが、

現在のところ、火口から約1kmの範囲外は「安全」なんです。

 

ちょっとこれを見てください。

Akg_a3_rf_omt_cs4_ol1_2  

ダウンロードしたい方は、こちらから ↓

akg_a3_rf_omt_cs4_ol.pdfをダウンロード

 

阿蘇管内の地図に、阿蘇中岳からの距離に応じて、

同心円が書かれてます。

 

火口から約1km範囲内というのは、これで言うと、

一番内側の赤い点線の円の内側を指します。

 

つまり、この範囲外であれば、現在は安全なんです。

 

主な観光地も併記していますが、

火口が所在する阿蘇市内の他の観光地であっても、

ほとんどの所は観光可能です。

 

風向きにより降灰の影響を受ける可能性はありますが、

私も火口から直線で6kmほどの所で仕事してますが、

な~にも問題ありませんよ。

 

では、今回は短いですがこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(南阿蘇村)トレッキングツアーが開催されます!

冬場の阿蘇というと、

皆さんは何を連想されるでしょうか?

 

寒いっ!!

道路凍結・・・。

 

などと、良いイメージを持たれていない方もいらっしゃるかもしれません。

 

どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

毎日、寒い日が続きますね。

 

阿蘇地域は、例えば熊本市内と比較すると、

大体4~5℃程の気温差があり、

寒いのはとーぜんのことです。。。 (-_-;)

 

ですが、この冬の阿蘇を満喫できるイベントも開催されています。

それが、これ ↓ 

http://aso-outdoor.jp/

 

「あそ望の郷くぎの」に2月にオープンする

「みなみあそコミュニティセンター」と、

「mont-bell(モンベル)南阿蘇店」

のオープニングイベントとして、トレッキングツアーを初め、様々なイベントが盛りだくさんのようです。

 

「あそ望の郷くぎの」についてはこちら ↓

http://aso-kugino.jp/asobou.html

 

日本の代表的なアウトドアメーカーである

「mont-bell」

が進出するぐらい、南阿蘇村の、アウトドアフィールドとしての魅力が高い地域だと言えるでしょう!!

なぜもっと早くできていなかったのか、不思議なくらいです。

 

先日、O田も南阿蘇村の、とある山に 自ら志願して 仕事でやむを得ず登ってみたのですが、(登山なんて、何年ぶりだったろうか・・・)

日頃の運動不足に加え、喫煙と酒でボロボロになった体には、

拷問に近いっ・・・ 大変良い運動となりました。

 

ですが、覚悟していた2日後ぐらいの筋肉痛は・・・

 

全く出ず!(ここ強調!)

 

まだまだ捨てたもんじゃないです。(-。-)y-゜゜゜

 

上着が必要なのは、ごく最初のうちだけで、

後は、暑くてジャンパーなんて着てられません(>_<) 

お好みに合わせて調節できる服装がベストかと思います。

 

トレッキングは、ガイドさんが同行してくれますので、

初心者の方でも安心して参加できます。

もちろん、中~上級者の方も大歓迎ですので、

奮ってご応募ください。

 

ではでは、今回は短いですがこの辺りで。。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(高森町)新酒とふるさとの味まつり

この前、正月を迎えたばかりだったのに、

気付くと、もう1月も末。。。

 

年度末は時間が経つのが早いですね。

決して、年齢のせいではないと思います。

ということで、どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

依然として阿蘇中岳第一火口の活動は活発ですが、

前記事にも書きましたとおり、

火口周辺1km範囲内以外は安心して阿蘇観光を楽しめます。

寒いのはどこも同じですので、

ここらで、心身ともに暖まるイベントはないものか。。。

 

って

 

あるんですよ、これが (-。-)y-゜゜゜

 

それが、これ ↓

Photo 
高森町で開催される「新酒とふるさとの味まつり」です。

詳しくは、こちら ↓ の高森町HPから

http://www.town.takamori.kumamoto.jp/kankoevent/newevent/2015/01/26.html

 

 

高森町の飲食店、宿泊店でしか飲めない新酒が飲めるそうですぜ!

日本酒好きにはたまりませんねぇ。

 

私事ですが、ビールと日本酒しか飲まないO田としては、

うってつけのイベントと言えます。(^O^)

 

みなさんは、「高森町」と聞けば、何を連想するでしょうか?

私は、何と言っても「田楽」ですかね。

 

囲炉裏端で味わう田楽は、

この寒い時期にはピッタリじゃないでしょうか。

そこに新酒があれば、他に何もいらないでしょう!!

是非、早春の食と新酒を堪能しに、高森町においでください。

 

まつりの期間も2月14日(土)~3月15日(日)と、

約1ヶ月間ありますので、

ご都合のいい時期に行かれてはいかがでしょうか?

 

このまつりの頃から、

早春の阿蘇を舞台に各地で様々なイベントが開催されます。

忘れてなければ・・・ このブログでも順次ご紹介できると思いますので、

今しばらくお待ちください。

 

ではでは今回はこのへんで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

阿蘇中岳第一火口の噴火について

 しばらく更新を放棄してたら、年が明けてました・・・。

どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。

 

明けましておめでとうございます。

そして、御無沙汰しております。。。

 

前回の更新は、秋口だったような・・・(>_<)

 

さて、今回は。。。

最近ニュースを賑わせている阿蘇中岳第一火口の噴火の話題です。

 

私の職場からも、目の前に中岳が見えるのですが、

日によって噴火の程度は違うものの、以前として、活発な活動を続けています。

 

 また、気象庁HPによれば、火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が発表されており、

 

「火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒してください」

 

と注意喚起されています。

 

 阿蘇中岳は観光地・阿蘇の代名詞とも言える存在なので、

今回の噴火によって火口観光ができなくなっている現状は、残念な限りですね。

 

 ですがっ!(ここから本題です!!)

 

 観光客の皆様の安心・安全のため、「火口から概ね1kmの範囲では立入規制

があっていますが、その他の地域に何ら規制はありません。(← ココ 重要!)

 

 逆に言えば、現在のところ火口から1km範囲の外であれば、阿蘇地域で観光できない地域は無いんです!!

 

 とは言っても、

 「火口から1km範囲内ってどこまで・・・?」

 ってなりますよね。

 

 阿蘇市観光まちづくり課で作成したチラシがありますので、

 これをご覧ください。 

Photo
画面が見にくい場合は、こちらからDLしてください。

aso.pdfをダウンロード

 

 チラシ右下の赤枠内が火口から1km範囲内の地域です。

 もちろん、当日の風向きによっては降灰の影響を受ける地域もありますが、

 基本的に、火口から1km範囲内以外の地域は安全です。

 

 なお、阿蘇市以外の地域を含めた情報は、

 以下の「なごみ紀行」((公社)熊本県観光連盟HP)をご覧ください。

 http://kumanago.jp/whatsnew/?mode=detail&id=363

 

 いずれにせよ。。。

 

「観光地・阿蘇は元気です!」

 

 安心して阿蘇にお越しください!! (^_^)/

 

 阿蘇と言えば、「温泉」はもちろんですけれども、

 冬場の見どころでしたら、

 草千里の樹氷冬の滝鑑賞などはいかがでしょうか?

 

 詳しくは阿蘇市観光協会の以下のHPをご覧ください。

 http://asocity-kanko.jp/season/01winter.html

 寒ければ寒い時期でしか見られないものがあります。

 コタツとTVにかじりついてないで、

 寒い季節を満喫しに、阿蘇においでください!

 

 ではでは、今回はこれまで。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  

 

 

ASOカルデラマルシェ(観光物産展)開催!!

ASOカルデラマルシェ(阿蘇観光物産展)を開催します! 

阿蘇郡市7市町村合同の阿蘇地域観光物産展「ASOカルデラマルシェ」を下記のとおり開催します。

本年9月に阿蘇地域が「世界ジオパーク」に認定されたことを記念し、阿蘇ジオパーク認定品である中岳ショコラ、杖立プリン、俵あげ、清酒等の他、米、野菜、ジャム、ヨーグルト、味噌、醤油、各種惣菜等の特産品等を販売します。

 また、会場では観光案内ブースも設置し、阿蘇の観光情報満載でお待ちしていますので、皆様ふるってご来場ください。 

記 

 1 日時:平成26年10月6日(月)午前10時~午後5時 

 2 場所:びぷれす広場(熊本市中央区上通町2番) 

 3 出展者

  ・阿蘇テレワークセンター(阿蘇市)

  ・JA阿蘇(阿蘇市)

  ・ゆたんもん(南小国町)

  ・杖立温泉観光旅館協同組合(小国町)

  ・小国町森林組合(小国町)

  ・道の駅ゆうステーション(小国町)

  ・うぶやま牧場(産山村)

  ・豊前屋本店(高森町)

  ・山村酒造(高森町)

  ・あそ望の郷くぎの(南阿蘇村)

  ・俵山交流館萌の里(西原村)

  ・阿蘇ミルク牧場(西原村)

白川水源&いやしの足水場(南阿蘇村)

どーも、阿蘇地域観光推進協議会・O田です。。。

最近は、なかなか脱走っ・・・ ではなく、れっきとした「観光資源調査」に出向くことができず、このブログも1か月ほど開店休業していました。

日本全国1,000万人の当ブログファンの方々には、多大な御迷惑をおかけしております。<m(__)m>

 

さぁて。。。

 

いつの間にか梅雨も明け、世間では夏休み期間に突入していますねぇ。

これから、観光や避暑等で阿蘇に遊びに来ようとしている方々も多いのではないでしょうか?

というわけで、今回は夏の阿蘇の定番観光スポット「白川水源」のご紹介です。

場所は ↓ をチェックしてくださいね。

http://www.vill.minamiaso.lg.jp/map/shirakawasuigen.html

 

っつーことで、何故か今回も、例のI田さんを帯同しての調査(?)開始です。。。

駐車場に車を止め、河沿いを歩くこと数分。歩いている間も十分ひんやりとしてイイ感じです。

滝などとはまた違った、清々しい気分になれますよ。

入口で環境保全協力金100円(高校生以上、中学生以下無料)を、I田さんの分まで私が支払い、いざ入場。

この ↓ 石碑がお出迎えです。

Cimg0861 
この石碑の隣が水源で、こんな ↓ 感じになっています。

Cimg0862 

Cimg0863 

Cimg0864 

白川水源は ↓ の神社の境内内にあるとのことで、 ↑ の画像は、この神社の鳥居に向かって右手側にあります。

Cimg0865 

湧水に手を浸けたり、飲んだりしている方々が多いですね。

足とかを浸けたい方は、近くにこんな ↓ 場所もあります。

Cimg0870 
湧水ですから当然水温が低いのですが、手だけ浸けただけでも体温が一気に下がるような気がします。親子連れで、この川に入って遊んでる方もいらっしゃいました。。

湧水量は毎分60トンと豊富なうえ、澄み切ったミネラルウォーター。。。

こんな場所が県内にあるんですから、熊本県人は贅沢ですよねw

 

・・・とまぁ、こう紹介すると、ふつーの観光案内ですが、今までマスコミ等でもそんなに多くは紹介されていないスポットがあります。

そこへの案内板が これ ↓

Cimg0866

っと、この時点では、この後起こる大惨事に何も気付いていないO田、I田の両名でした。。。

 

まさか、あのようなことが、この平和な阿蘇に、実際に起こるなんて・・・。

信じられません・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

この看板の左手側を進むと、目当ての「いやしの足水場」がありました。

「足湯」なら珍しくもないのですが、ここでは気軽に「足水」を体験できます。

屋根もかけてあるので、カンカン照りの日でも安心! 

 

なので、ゆっくり「足水」を堪能するはずでした。

 

 

っが、しかしっ・・・!

 

 

 

ぅおおおおぉおおっおおおおおおぉぉぉーーーーーーっ!

 

 

 

Cimg0868 

 

み・・・みっ・・・・水が無いっ!!

 

 

 

さて、ここで時系列を遡って検証してみましょう。

先ほどの案内板 、ありましたよね。

 

よーく見てください。

 

 ・・・・・。

 

「おわかりいただけただろうか・・・。」(TVの心霊番組のナレーター風に)

 

Cimg0866_2 


私たちが現地に行ったのは7月18日(金)のこと・・・。

足水場の実施期間は7月20日(日)から・・・。

 

 

 

     \(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

 

 

 

愕然とするI田氏

Cimg0869 
またまたI田さんが写真に写りこんできたのですが、今回はあまりにも露骨な入り方でしたので、目線を入れています。

足水場の全体の感じはこんな ↓ 感じでした。

Cimg0867_2 
この記事がアップされる時点ではもう大丈夫ですので、これを読まれた方は安心して行ってみてくださいね。

私やI田さんの分まで「足水場」を楽しんできてください。。。

 

では、今回はここまで。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

真・「ラピュタの道」

ラピュタ・・・・・。

 

と言われても、アニメのシーンが全く思い出せません。

私の中でのジブリ作品といえば、「千と千尋の神隠し」ですので。。。

あっ、「カリオストロの城」も良かったですね。

銭形のとっつあんの最後のセリフがグッときます。

知ってる人はそれでよし。

知らない人はググってください。

 

どーも、O田です。 ご無沙汰しております。

 

そもそも、ラピュタとは、英国の作家ジョナサン・スウィフト作「ガリヴァー旅行記」に出てくる大きな空飛ぶ島だそうですよ。

私はてっきり、ラプター(Raptor・猛禽類の意)かと思ってました。

アメリカのF-22ステルス戦闘機の愛称でもありますよね。

あまりに高性能過ぎて、日本には売ってくれないヤツです。

まぁ、余談ですね、いつものことです。。。

 

・・・で、今回はいよいよ「ラピュタの道」の御紹介です。

場所は、大津町の県道339号(通称:ミルクロード)を阿蘇方面にズンズン登ってもらって、菊池阿蘇スカイライン(県道12号線、45号線)にぶち当たったら行きすぎです・・・(-_-;) 

さっさと引き返してください。(車で5分程度で良いでしょう)

入口が分かりにくいのですが、

Cimg0843_2 
↑ のような感じです。

誰か写りこんでいますが、気にしないでください。

いつものI田さんです・・・(^_-)

 

Cimg0844_3 
↑ のお地蔵さんがお出迎えしてくれます。

綺麗に管理されていますね。

地元の皆さんから愛されているお地蔵さんなのでしょう。

 

ここから入っていくと、

Cimg0846_2 
↑ んな感じです。何やら看板が立ってますね。

Cimg0845_2 

Cimg0847_2 
いろいろ注意書きが書いてあります。通行される際にはご注意を!

 

では、この先に行ってみましょう。

目指す「ラピュタの道」は、ここから徒歩5分ほどの所にあります。

Cimg0848_2 
この先に、

Cimg0852_2 
すごいヘアピンですね!

このヘアピンの向こう側に、例の「ラピュタの道」が通っています。

 

・・・とその前に。。。

Cimg0854_2 
だーれーがー書いたのでしょうか・・・?

まぁ、この石は誰かの所有物でもなさそうだし、

わかりやすいからいいですかねぇ。。。

 

で、お待たせしました。

ここで目線を上げると、そこには!

Cimg0856_2 

Cimg0855_2

 ↑ のような光景が広がります。

 

良く見る雲海の中の「ラピュタの道」は、

早朝で朝晩の寒暖差の激しい無風状態の日に見られますが、

自然相手ですので、その光景に出くわすことは難しいです。

狙って行かないと無理でしょう。

それでも・・・という方はトライしてみてください。 

 

周辺の光景は、

Cimg0858_2 

Cimg0859 

Cimg0850_2 
↑ のような感じです。

 

冒頭にも触れましたが、

この道は険しいうえに、普通車で離合するのがやっと、という道幅です。

観光に訪れる際には、くれぐれもご注意くださいね。

 

それでは今回はここまで。。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ラピュタの道・・・だけじゃないんですよw

『道』

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

 

・・・どーも、阿蘇観光推進協議会・O田です。

 しょっぱなからブチかましましたが、この詩はアントニオ猪木氏の座右の銘として有名な詩でして、かつては、あの一休和尚の作とも言われてました。

 ですが、これはどうも清沢哲夫氏の詩を若干改変したものを猪木氏が披露したらしいですよ。 まぁ、どーでもいいですが・・・。

 

 で。。。

 

 なぜ、ここでの話題に「道」を出したのかと言うと、ここ数年、マスコミやブログ、YOU TUBE等でたくさん取り上げられている「道」として、阿蘇市狩尾の

                     「ラピュタの道」

 があるのはご存じでしょうか。あのジブリ映画の「天空の城 ラピュタ」に出てくる道に似ているということで、近年、かなり人気になっているスポットです。

 でも、偏屈な私、O田としては、どーしてもストレートにここで「ラピュタの道」をブログの題材にしたくなかったもので、敢えてここは外して。。。

 今回ご紹介するのは、ここ!

Cimg0842 
って。。。 

看板だけではわかんないですが、ここのレストラン(北山レストラン)の裏側には ↓ の看板があり、

Cimg0831
そこから、↓ のような景観が望めます。

「道」、わかりますか?

Cimg0832 
道らしきものが続いている先には何かありそうです。

拡大してみましょう。

Cimg0833_2
牧柵(?)のようなものがありますね。

では、先をズンズン進んでいきます。

Cimg0834
なかなか狭い道ですが、景観は抜群ですよ!

で、構わずまたズンズン進みますと。。。

なんと!

Cimg0835 

↑ のような看板に出くわしました。

存在すら悪ふざけのような私、O田なものですから、この表示が

                「進入禁止」

に見えてしまいました。

 

まぁ、それにもめげず、進みますと、先端がありました。

Cimg0836 
皆さん、知ってましたか?

多分、車で通り過ぎていく方々が多いのではないでしょうか?

 

ここからの景色は ↓ な感じ

Cimg0837 

Cimg0838 

Cimg0841
 とまぁ、これぐらいで写真はやめときました。

 と言うのも、黄砂の影響でカルデラ一帯がモヤッてまして

 イイ感じの写真が撮れなかったんですよね。。。

 

 できれば、黄砂の飛んでこない時期にもう一度チャレンジしてみたい場所です。

 皆さんも、興味がありましたら是非一度訪れてください。

 

 行くぞ~っ! イチ、ニ、サン、ダァー!!!

 

 それでは、今回はここまでで。。。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。